牧石ねぎの上手な使い方

知っているようで以外に知らない青ねぎの上手な使い方。切り方から便利な使い方などいろいろ紹介していきます。

青ねぎのいろいろな切り方を紹介します。写真の左上が「小口切り」右上が「笹うち」手前が「青ねぎの針打ち切り」です。

青ねぎはすのこに巻いてきるとバラけず、ねぎの輪を崩さずに切れます。

切ったあとは少し水にさらします。細かい切りカスが取れ、ねぎの辛味もやわらぎます。ねぎの辛味が苦手な方は少し長めにさらします

小口切り

薬味から彩りまで何にでも合う青ねぎ料理の定番。すのこに巻いた青ねぎを根元の方からねぎと直角に切っていきます。なるべく薄く切るのがコツです。

笹うち

炒め物など火を通す料理に最適。炒めてもしっかりした香りと歯ごたえを楽しめます。

斜め45度で、小口切りに比べるとやや厚めに切っていきます。

青ねぎの針うち切り

ワンランク上の飾り物にどうぞ。出来るだけ斜めに切ります。切ったときなるべく輪にならないようにすると、くるっと巻いて綺麗に仕上がります。

小口切りとは逆向きにすのこに巻いて、青い方から切っていきます。根本の白い所は使いません。

ねぎの輪がつながらないように途中で何度かねぎの束を回します。細くひも状になるように切っていきます。